Publications

2021年

Are lifestyle factors significantly associated with self-rated health among Japanese female healthcare students?
Makoto Ohtsuki, Yusuke Wakasugi, Takuhiro Narukawa, Shunsuke Uehara and Takeshi Ohkubo
BMC Public Health volume 21, Article number: 505 2021年 査読有り

2020年

食物からのコリン摂取の重要性
大久保 剛
ビタミン 94(11) 539 - 544 2020年11月 査読有り

Distribution of 5-Methyltetrahydrofolate and Folic Acid Levels inMaternal and Cord Blood Serum: Longitudinal Evaluation of Japanese Pregnant Women
Kubo Y, Fukuoka H, Kawabata T, Shoji K, Mori C, Sakurai K, Nishikawa M, Ohkubo T,
Oshida K, Yanagisawa N, Yamashiro Y
Nutrients 12(6) 1633. 2020年 査読有り

2019年

東日本大震災の被災地における睡眠状況について-継続的な睡眠状況の調査例
(気仙沼市と陸前高田市)-
神田あづさ, 菅原詩緒理, 大久保剛
睡眠と環境 13/14(1) 11 - 14 2019年8月 査読有り

Relationships Between the Purposes of Taurine-Contained Nutritional Drink Intake and Lifestyle Habits: A Cross-Sectional Survey of Workers in Japan.
Ohtsuki M, Nishimura A, Kato T, Wakasugi Y, Nagao-Nishiwaki R, Shibata T, Okada H, Ohkubo T, Ma N
Advances in experimental medicine and biology 1155 313 - 321 2019年 査読有り

2018年

Roe-derived phospholipid administration enhances lymphatic docosahexaenoic acid-containing phospholipid absorption in unanesthetized rats.
Murota K, Takagi M, Watanabe Y, Tokumura A, Ohkubo T
Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids 139 40 - 48 2018年12月 査読有り

The delaying effect of alpha-glycerophosphocholine on senescence, transthyretin deposition, and osteoarthritis in senescence-accelerated mouse prone 8 mice.
Matsubara K, Okuda M, Shibata S, Miyaki S, Ohkubo T, Izu H, Fujii T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 82(4) 647 - 653 2018年4月 査読有り

2017年

脂質系栄養素:コリンの普及に際し,アメリカの現状から
日比野英彦, 大久保剛
脂質栄養学 26(1) 89‐106(J‐STAGE) 2017年5月 査読有り

2016年

澱粉・大豆油混合物のエクストルージョン処理によるラットの油脂吸収低下
伊東利博, 高橋陽子, 大久保剛, 八巻幸二, 中嶋光敏, 五十部誠一郎
日本食品科学工学会誌 63(5) 236 - 241 2016年 査読有り

2015年

Effects of Various 5,7-Dihydroxyflavone Analogs on Adipogenesis in 3T3-L1 Cells.
Atsuyoshi Nishina, Motohiko Ukiya, Makoto Fukatsu, Mamoru Koketsu, Masayuki Ninomiya, Daisuke Sato, Junpei Yamamoto, Kazuo Kobayashi-Hattori, Takeshi Okubo, Hideyo Tokuoka, Hirokazu Kimura
Biological & pharmaceutical bulletin 38(11) 1794 - 800 2015年 査読有り

2014年以前

Orange peel extract, containing high levels of polymethoxyflavonoid, suppressed UVB-induced COX-2 expression and PGE2production in HaCaT cells through PPAR-γactivation
Norihiro Yoshizaki, Takahiro Fujii, Hitoshi Masaki, Takeshi Okubo, Kunio Shimada, Ron Hashizume
Experimental Dermatology 23 18 - 22 2014年10月 査読有り

Lysophosphatidylserine form DHA maybe the most effective as substrate for brain DHA accretion
Tadahiro Tsushima, Takeshi Ohkubo, Kazuki Onoyama, Michel Linder, Koretaro Takahashi
Biocatalysis and Agricultural Biotechnology 3(4) 303 - 309 2014年 査読有り

Extracellular metabolism-dependent uptake of lysolipids through cultured monolayer of differentiated Caco-2 cells.
Inaba M, Murota K, Nikawadori M, Kishino E, Matusda R, Takagi M, Ohkubo T, Tanaka T, Terao J, Tokumura A
Biochimica et biophysica acta 1841(1) 121 - 31 2014年1月 査読有り

Long-term high-soybean oil feeding alters regulation of body temperature in rats.
Tsushima H, Yamada K, Miyazawa D, Mori M, Hashimoto Y, Ohkubo T, Hibino H, Okuyama H
Biological & pharmaceutical bulletin 37(6) 1003 - 13 2014年 査読有り

Three dissimilar high fat diets differentially regulate lipid and glucose metabolism in obesity-resistant Slc:Wistar/ST rats.
Hashimoto Y, Yamada K, Tsushima H, Miyazawa D, Mori M, Nishio K, Ohkubo T, Hibino H, Ohara N, Okuyama H
Lipids 48(8) 803 - 15 2013年8月 査読有り

Effective Extraction of Curcuminoids by Grinding Turmeric (Curcuma longa) with Medium-chain Triacylglycerols.
Makiko Takenaka, Takeshi Ohkubo, Hiroshi Okadome, Itaru Sotome, Toshihiro Itoh,
Seiichiro Isobe
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH 19(4) 655 - 659 2013年7月 査読有り

高分岐デキストリン,パラチノース,トレハロース配合濃厚流動食の食後血糖値への影響―ラットに対する単回投与試験―
安井文一郎, 平松史江, 海野良一, 浅田正貴, 大久保剛
薬理と治療 41(3) 289 - 294 2013年3月20日 査読有り

Glycerophosphocholine enhances growth hormone secretion and fat oxidation in young adults
Takashi Kawamura, Takeshi Okubo, Koji Sato, Satoshi Fujita, Kazushige Goto, Takafumi Hamaoka, Motoyuki Iemitsu
Nutrition 28(11-12) 1122 - 1126 2012年11月 査読有り

Docosahexaenoic- and eicosapentaenoic acid-bound lysophospholipids are more effective in suppressing angiogenesis than conjugated docosahexaenoic acid.
Tsushima T, Matsubara K, Ohkubo T, Inoue Y, Takahashi K
Journal of oleo science 61(8) 427 - 32 2012年 査読有り

Siphonaxanthin, a marine carotenoid from green algae, effectively induces apoptosis in human leukemia (HL-60) cells.
Ganesan P, Noda K, Manabe Y, Ohkubo T, Tanaka Y, Maoka T, Sugawara T, Hirata T
Biochimica et biophysica acta 1810(5) 497 - 503 2011年5月 査読有り

PC‐DHA(DHA結合型ホスファチジルコリン)はREM睡眠量に影響する―食環境が睡眠に与える影響―
大久保剛, 津嶋佐和栄, 日比野英彦, 小林敏孝
睡眠と環境 8(1) 9 - 14 2011年3月30日 査読有り

Anti-angiogenic effect of siphonaxanthin from green alga, Codium fragile.
Ganesan P, Matsubara K, Ohkubo T, Tanaka Y, Noda K, Sugawara T, Hirata T
Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology 17(14) 1140 - 4 2010年12月1日 査読有り

広葉樹キシラン由来中性キシロオリゴ糖のプレバイオティクス作用
大渕貴之, 大久保剛, 境野信, 芳賀泉, 榊郁子, 田中幸久, 八田一
日本食品新素材研究会誌 13(1) 10 - 18 2010年6月15日 査読有り

Administration of DHA-PS to aged mice was suitable for increasing hippocampal PS and DHA ratio.
Ohkubo T, Tanaka Y
Journal of oleo science 59(5) 247 - 53 2010年 査読有り

Content and fatty acid composition of sulfoquinovosyldiacylglycerol in conifer leaves grown in Hokkaido, Japan.
Sato M, Yunoki K, Ohkubo T, Seki K, Tanaka Y, Ohnishi M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 74(6) 1283 - 5 2010年 査読有り

ポリコサノール摂取による血中アルデヒド濃度への影響に関する探索研究
大久保剛, 伊東利博, 日比野英彦
日本栄養・食糧学会誌 62(6) 305-309 (J-STAGE) - 309 2009年12月10日 査読有り

Simultaneous quantification of plant glyceroglycolipids including sulfoquinovosyldiacylglycerol by HPLC-ELSD with binary gradient elution.
Yunoki K, Sato M, Seki K, Ohkubo T, Tanaka Y, Ohnishi M
Lipids 44(1) 77 - 83 2009年1月 査読有り

The benefit of medium-chain triglyceride therapy on the cardiac function of SHRs is associated with a reversal of metabolic and signaling alterations.
Iemitsu M, Shimojo N, Maeda S, Irukayama-Tomobe Y, Sakai S, Ohkubo T, Tanaka Y, Miyauchi T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology 295(1) H136-144
2008年7月 査読有り

Effect of dietary omega 3 phosphatidylcholine on obesity-related disorders in obese Otsuka Long-Evans Tokushima fatty rats.
Shirouchi B, Nagao K, Inoue N, Ohkubo T, Hibino H, Yanagita T
Journal of agricultural and food chemistry 55(17) 7170 - 6 2007年8月22日 査読有り

Effects of medium-chain triglyceride (MCT) application to SHR on cardiac function, hypertrophy and expression of endothelin-1 mRNA and other genes.
Shimojo N, Miyauchi T, Iemitsu M, Irukayama-Tomobe Y, Maeda S, Ohkubo T, Tanaka Y,
Goto K, Yamaguchi I
Journal of cardiovascular pharmacology 44 Suppl 1 S181-5 - 5 2004年11月 査読有り

Extraction of Phospholipids from Salmon Roe with Supercritical Carbon Dioxide and an Entrainer
Yukihisa TANAKA, Ikuko SAKAKI, Takeshi OHKUBO
Journal of Oleo Science 53(9) 417 - 424 2004年8月 査読有り

Extraction of Lipids from Salmon Roe with Supercritical Carbon Dioxide
Yukihisa TANAKA, Takeshi OHKUBO
Journal of Oleo Science 52(6) 295 - 301 2003年5月 査読有り

Effect of Molecular Forms on Distribution of Docosahexaenoic Acid into Organs in Mice
Yukihisa TANAKA, Takashi OHKUBO, Nobuo FUKUDA, Hidehiko HIBINO
Journal of Oleo Science 52(2) 89 - 97 2003年1月 査読有り

The behaviour of Phanerochaete chrysosporium cellobiose dehydrogenase on adsorption to crystalline and amorphous celluloses
M Samejima, T Ohkubo, K Igarashi, A Isogai, S Kuga, J Sugiyama, KEL Eriksson
BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY 25(2) 135 - 141 1997年4月 査読有り

MISC

2021年

キリスト教初心者から見た「キリスト教と食事」
大久保剛
仙台白百合女子大学カトリック研究所論集 25 91 - 95 2021年3月

コリン化合物摂取の重要性
大久保 剛
アグリバイオ 5(2) 78 - 81 2021年1月20日

2020年

イクラ含有脂質による睡眠効果
大久保 剛
アクアネット(2020年12月号) 30 - 34 2020年12月

脂質摂取による睡眠への影響
大久保 剛
細胞 52(10) 30 - 33 2020年8月24日

コリン化合物の重要性と運動機能への影響
大久保 剛
オレオサイエンス 20(4) 157 - 162 2020年

2019年

脂質摂取による睡眠への影響
大久保剛
オレオサイエンス 19(7) 279‐284 2019年7月1日

食事によるコリン化合物摂取とその機能性
大久保剛
ビタミン 93(4) 162‐163 2019年4月25日

コリンの重要性について
大久保剛
日本食品安全協会会誌 14(4) 285 - 292 2019年

2015年

α-GPCの育毛効果 (特集 トータルビューティ(2)育毛・ダイエット)
大久保 剛
Food style 21 19(5) 48 - 50 2015年5月

2014年以前

DHA結合型フォスファチジルコリンの機能性
大久保剛, 日比野英彦
脂質栄養学 22(1) 17 - 23 2013年3月31日

DHA結合型リン脂質(PC)の研究開発(プロジェクト・バイオ)
大久保 剛
生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 91(5) 264 - 266 2013年

スポーツにおけるコリン補給(α-GPC)の重要性ついて (特集 スポーツを支える機能性食品素材)
大久保 剛
Food style 21 16(4) 60 - 62 2012年4月

コリン補給の重要性 : α-GPCの機能性 (特集 機能性食品探索のフロンティア)
大久保 剛
Bio industry 29(2) 26 - 31 2012年2月

肝臓に対するポリコサノールの効果 (特集 肝機能ケアと食品素材)
大久保 剛
Food style 21 14(11) 31 - 33 2010年11月

素材レポート DHA結合リン脂質含有油脂の抗メタボリックシンドローム効果について
大久保 剛, 日比野 英彦
食品と開発 44(8) 61 - 63 2009年8月

米糠由来ポリコサノールの脂質代謝への影響について
大久保剛
油脂 60(8) 85 - 88 2007年8月15日

コメコサノールの機能と応用 (特集 お米の力再発見)
大久保 剛
月刊フ-ドケミカル 23(4) 45 - 47 2007年4月

抗メタボリックシンドローム メタボリックシンドロームにおけるコメコサノールの効果
大久保剛
Food Style 21 11(1) 50 - 51 2007年1月1日

Conference presentation

2020年

管理栄養士養成校における睡眠教育への取り組み
大久保剛, 鎌田真海
栄養学雑誌 2020年

幼稚園および保育園において食育に及ぼす絵本の効果
大久保剛, 北見果歩, 神田あづさ
日本食育学会総会・学術大会講演・学術報告要旨集 2020年

秤量法による食事からのコリン化合物摂取量の算出(2)
大久保剛, 加藤夕里奈, 末永美聖, 細川陽, 鎌田真海, 若杉悠佑, 大槻誠, 神田あづさ
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2020年

食物の視覚効果が代謝に及ぼす影響
末永美聖, 末永美聖, 八木沼花梨, 加藤夕里奈, 坂井信之, 大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2020年

妊娠女性の食事性葉酸当量(DFE)と血中葉酸指標との関連
久保佳範, 福岡秀興, 川端輝江, 庄司久美子, 森千里, 櫻井健一, 西川正純, 大久保剛
押田恭一, 柳澤尚武, 山城雄一郎
日本病態栄養学会誌 2020年1月 (一社)日本病態栄養学会

2019年

食事の視覚的影響が及ぼす食行動への影響
末永美聖, 加藤夕里奈, 八木沼花梨, 大久保剛
肥満研究 2019年10月 (一社)日本肥満学会

病院食中のコリン化合物含有量測定
八木沼花梨, 神田あづざ, 三宅誕実, 大久保剛
栄養学雑誌 2019年9月5日

大学生のコリン化合物の摂取量
加藤夕里奈, 鎌田真海, 末永美聖, 細川陽, 若杉悠佑, 大槻誠, 神田あづさ, 大久保剛
脂質栄養学 2019年9月 日本脂質栄養学会

管理栄養士養成校における睡眠健康教育の取り組み
鎌田真海, 氏家萌依, 大久保剛
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 2019年6月 (一社)日本睡眠学会

秤量法による食事からのコリン化合物摂取量の算出(1)
大久保剛, 石山由梨, 角美宥, 若杉悠佑, 大槻誠, 神田あづさ
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2019年4月 (公社)日本栄養・食糧学会

妊娠中の葉酸サプリメント摂取がワンカーボン代謝に及ぼす影響
久保佳範, 福岡秀興, 川端輝江, 庄司久美子, 森千里, 櫻井健一, 西川正純, 大久保剛
押田 恭一, 柳沢 尚武, 山城 雄一郎
DOHaD研究 2019年 日本DOHaD学会事務局

2018年

コリン化合物摂取による脂質代謝への影響について
平井茉季子, 藤井久雄, 大久保剛
日本栄養・食糧学会東北支部大会およびシンポジウム講演要旨集 2018年11月17日

男女によるコリン摂取量の違いについて(2)
角美宥, 石山由梨, 若杉悠佑, 大槻誠, 神田あづさ, 大久保剛
栄養学雑誌 2018年9月3日

食事によるコリン摂取量の調査方法の検討(2)
石山由梨, 角美宥, 若杉悠佑, 大槻誠, 神田あづさ, 大久保剛
栄養学雑誌 2018年9月3日

DHA結合型ホスファチジルコリンが概日活動リズムに及ぼす影響
大久保 剛, 立川 直之, 中村 孝博
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 2018年7月

母乳中のコリン化合物の分析について―エコチル調査より―
遠藤有紀, 及川さつき, 可野邦行, 青木淳賢, 西川正純, 川端輝江, 仲井邦彦, 大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018年4月27日

食事によるコリン摂取量の調査方法の検討(2)
及川さつき, 丸尾智美, 星川桃子, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大槻誠, 西川正純
大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018年4月27日

老化促進マウスにおける酒粕機能成分の脳機能保護機構及び関節軟骨保護効果の検討
奧田真友美, 柴田紗知, 味八木茂, 大久保剛, 伊豆英恵, 藤井力, 藤井力, 松原主典
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018年3月5日

老化促進マウスにおける食品機能成分を複合摂取することによる加齢性疾患効果の検討
柴田紗知, 大久保剛, 味八木茂, 川岡知博, 松原主典
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 2018年

2017年

膵酵素による食事性リン脂質の消化性に及ぼす構成脂肪酸の影響
平野明伽音, 高木美佳, 渡辺嘉, 大久保剛, 室田佳恵子
日本フードファクター学会学術集会講演要旨集 2017年12月2日

大学生における食事(栄養素)と睡眠の関係について
大久保剛, 渡辺彩奈, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大槻誠, 小林敏孝
日本未病システム学会学術総会抄録集 2017年10月18日

男女によるコリン摂取量の違いについて
丸尾智美, 星川桃子, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大槻誠, 大久保剛
栄養学雑誌 2017年9月13日

食事によるコリン摂取量の調査方法の検討(1)
星川桃子, 丸尾智美, 神田あづさ, 岩杉悠佑, 大槻誠, 大久保剛
栄養学雑誌 2017年9月13日

大学生における食事と睡眠の関係について
渡辺彩奈, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大槻誠, 小 敏孝, 大久保剛
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 2017年6月

食事によるコリン摂取量の調査方法の検討(1)
丸尾智美, 星川桃子, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大槻誠, 大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2017年4月28日

栄養素摂取状況と睡眠の関係
山科沙織, 和田萌希, 菅原詩緒理, 大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2017年4月28日

食事性リン脂質の構成脂肪酸が腸管吸収過程における消化性に及ぼす影響
室田佳恵子, 平野明伽音, 渡辺嘉, 大久保剛
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2017年3月5日

2016年

早食いによる生理的な影響の検証
齋藤三紗貴, 菅原詩緒理, 大久保剛
肥満研究 2016年9月20日

2種のWistar系ラットに高脂肪食の及ぼす影響
山田和代, 黒田詩織, 後藤芹菜, 大西浩之, 宮澤大介, 津嶋宏美, 大久保剛, 日比野英彦
大原直樹, 奥山治美
脂質栄養学 2016年8月

DHA結合型ホスファチジルコリンが概日活動リズムに及ぼす影響
大久保 剛, 立川 直之, 中村 孝博
脂質栄養学 2016年8月

老化促進マウスにおける酒粕機能成分摂取による抗老化効果の検討
奥田真友美, 柴田紗知, 中邑真悠, 大久保剛, 伊豆英恵, 藤井力, 松原主典
日本家政学会大会研究発表要旨集 2016年5月1日

ナノ粒子化加工によるビタミンEの吸収促進機構の解明
室田佳恵子, 大塚芹, 菅田望, 村上陽子, 伊佐治知也, 寺尾純二, 河田照雄, 松村康生, 大久保剛
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2016年4月25日

大学生における食事と睡眠の関係について
佐野綾奈, 小野夏海, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大規誠, 大久保剛
日本栄養・食糧学会東北支部大会およびシンポジウム講演要旨集 2016年

食事によるコリン摂取量の調査方法の検討
小野夏海, 佐野綾菜, 神田あづさ, 若杉悠佑, 大規誠, 大久保剛
日本栄養・食糧学会東北支部大会およびシンポジウム講演要旨集 2016年

2015年

老化促進マウスにおけるグリセロホスホコリン(α‐GPC)の長期摂取による効果
柴田紗知, 谷本佳奈美, 益田佳奈, 大久保剛, 伊豆英恵, 藤井力, 松原主典
日本家政学会大会研究発表要旨集 2015年5月1日

Copyright (C) Ohkubo Lab., Sendai Shirayuri Women's College. All Rights Reserved.